【火 9 EXHAUSTION 消耗】

2011年05月01日01:13  写真あり

2-fire_09_exhaustion

火 9 EXHAUSTION 消耗

これは、うぬぼれと生産性という巨大で
おかしな機械に頑張って燃料を供給しつづけて、
自分の生の全エネルギーを使い果してしまった人のポートレートです。

彼は「すべてをうまくまとめ」
「あらゆるものがスムーズに作動しているか確かめる」ことに
あまりにも忙しかったために、休むことをすっかり忘れていたのです。

彼にとっては、遊ぶことなどもってのほかです。

海辺へのちょっとした旅行のために
自分の義務を放棄することは、彼にとっては
構造全体が崩壊してしまうかもしれないということなのです。

このカードのメッセージは、それでも、
仕事中毒(ワーカホリック) にかかっているということだけを
伝えているのではありません。

安全ではあっても不自然な決まりごとを設け、
それに従うことで、混沌として自然に起こることが
扉から入ってこないようにしてしまう、
そういうやり方すべてに対する共通したメッセージでもあります。

生は管理すべきビジネスではなく、生きるべき神秘です。

タイムカードを破りすて、工場から脱出して、
地図に載っていないもののなかへと、
ちょっと旅行しましょう。

リラックスした心の状態なら、
あなたの仕事はもっとスムーズに流れます。





良心(コンサイエンス)でもって生きる人は堅くなる。

意識(コンシャスネス) でもって生きる人はいつもソフトだ。

なぜだろう? いかに生きるべきかという考えを
持っている人は、自然と堅くなるからだ。

そういう人はたえず自分の人格を身につけていなければならない。

その人格は鎧のようなもの、自分を保護するもの、
自分を安全にするものだ。

その人の一生がその人格に投資される。

そして、いつもその人格から状況に反応する。直接にではなく——。

そういう人になにかたずねたら、その答えはすでに決まっている。

それが堅い人物のしるしだ——鈍く、愚かで、機械的だ。

いいコンピューターではあるかもしれないが、人間ではない。

あなたがなにかすると、その人はいつものように
決まりきった反応を示す。

その反応は予測できるものだ。そういう人はロボットだ。

本物の人間は、自然に起こるがままに行動する。

その人になにかたずねたら、その問いには
機械的な反応ではなく自然な応答が返ってくる。

その人はあなたの問いにハートを開き、
あなたの問いに自分をさらし、それに応える……。
前の記事 次の記事