FC2ブログ
Osho禅タロット占い師、
シータヒーラーのまあです。




突然ですが、今日は
カミングアウトしようと思います。









ずーーーーーーっと、

ずーーーーーーーーーーーーーーっと、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、







私は親のために生きていました。

親の顔色をうかがって生きていました。







でね。

もう、やめようと思うんですわ。




実際の年がいくつになろうとも、
親と子であることは変わらないし、
私の気の持ちようが変わるだけなので、
外から見たら、何の変化もないのですが。








でも、心がとても軽い。









親を切り捨てるわけではなくて、
境界線をちゃんと引く。





「ここからは私のテリトリーです」って
ちゃんと主張する。



「一人の大人」として接する。



私に甘えがあるんだよね、まだまだ。









「親が干渉してくる」ということに
腹を立てていたんだけど、
干渉してくるってことは、
干渉される余地があるということ。






親が「過保護な親」の顔を出来るスペースが
私にあるということ。







悪いのは相手(親)ではなくて、
私の態度の方。






「いい年こいて親に干渉されて、
 窮屈で可愛そうな私」は
被害者ぶってるだけ。








“被害者でいるうちは、
 何にも解決しない”って、
きっとそういうことなのね。






急にハラオチしたので、
書いてみました。






良かったら、あなたも一緒に
境界線引きませんか?(^-^)






ペタしてね
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する