FC2ブログ
  • 【虹 ナイト SLOWING DOWN スローイングダウン】

5-rainbow_kn_slowingdown

虹 ナイト SLOWING DOWN スローイングダウン

虹の騎士(ナイト)は、まさにこの亀のように、
どこに行こうとも、私たちはわが家とともに
あることを思い出させてくれます。

急ぐ必要はありませんし、ほかのどこかに
隠れ家を探す必要もありません。

感情の水の深みに入っていくときですら、
私たちはみずから満ち足り、
執着から自由であることができるのです。

あなたには今、これまで自分やほかの人たちに
抱いていた期待をすべて手放し、
これまでずっと抱いてきたに違いない
すべての幻想の責任を取る用意ができています。

まさに今、自分とは誰なのかという
その豊かさの内にひと休みすること以外、
なにもする必要はありません。

たとえ欲望や期待や夢が色あせて消えていっても、
その方がずっといいのです。

それらが消えていくことによって、静けさ、
そして、そこにあるものを受け容れるという、
新しい質のための場所 がつくられます。

そして、あなたは以前にはとても
できなかったようなやり方で、
この進展を迎え入れることができます。

スピードを落とす(スローイング・ダウン) と
いうことの質、休息し、
自分はすでにわが家にいることを認めるという、
その質を余すところなく味わいましょう。





瞑想は一種の薬——

それを用いるのはしばらくの間だけだ。

一度その質を学んだら、
とくに決まった瞑想をする必要はない。

瞑想があなたの生全体に広まっている。



「禅を歩く、禅を坐る」

そうだとしたら、その質とはなんだろう?

見守りながら、油断せず、楽しく、
どんな動機もなく、中心に定まり、
愛にあふれて、流れながら、人は歩く。

そして、この歩くこととは、ゆったりと散歩することだ。

愛にあふれ、油断せずに、見守りながら、人は坐る。

どんな動機もなく——

とくになにかのために坐っているのではなく、
なにもせずにただ坐っていることが
いかに素晴らしいか、

どれほどくつろぐものか、
どれほど安らぎに満ちたものか、
それを楽しみながら……。

長く歩いたあと、一本の木の下に坐ると、
そよ風が吹いてきて涼ませてくれる。

瞬間ごとに、人は自分自身と楽 に
くつろいでいなければならない——

もっと良くしようと したりせずに、
なにかを修めようとしたりせずに、
なにかを練習したりせずに。


「禅を歩く、禅を坐る。


話していても、黙っていても、動いていても、
動かずにいても、本質はくつろいでいる」


「本質はくつろいでいる」——それがキーワードだ。

「本質はくつろいでいる」——それが鍵となる声明だ。

自分のしていることをなんでもするがいい。

だが、もっとも深い核では、くつろぎ、
クールで、穏やかで、中心に定まっているがいい。
 
 
 
スポンサーサイト