• 女性議員の不倫(山尾議員の場合)

こんにちは。
スカイプでOsho禅タロット占いをしております
「まあ」です。


ツイッターでどなたかが
ミサイル→不倫→ミサイル→不倫の無限ループ・・・と
言っておられましたが、ホントそれ。


勝手に著名人・芸能人を占うのはどうなのかという
議論もありますが、女性議員の不倫が続いたので
何が起こっているのか見てみたいと思います。


男性議員の不倫だハニートラップだって言うのは
昔から聞きましたけど、女性議員の不倫ってのは
現代的なのか肉食女子が増えたのか、
はたまたそれ以外の理由があるのか。。。





ということで、今回は不倫中(現在も
関係が継続しているのかは不明ですが)
山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の関係性を
相性占いのスプレッドで見ていきます。
(私は、ゴシップ系週刊誌も
テレビのワイドショーも見ないので、
前情報としてはネットニュースから
仕入れたものしかないので
興味のある方はご自身でググってください。)





まずは山尾議員の状態。

20170919_1.jpg


すんごい楽しかったんだろうな。


もうこの一言に尽きます。

家庭内不和があったそうで、
自分の今いる家庭の中に
違和感があったのでしょう。

そういうズレみたいなものって
一度認識してしまうと
なかなか払拭できないので
常に頭にあったんでしょうね。

そこに倉持弁護士が現れて
バシッとはまってしまったと。

なんていうか
山尾議員の中の
「女」の部分が
満たされまくった

関係だったようです。


そりゃもう、幸せだったと思います。
彼女はね。






次にこの関係性における山尾議員の悩み。

20170919_2.jpg

・未来がない。(火の2)
・誰にも相談できない。(虹の3)
・進むことも出来ないが戻ることも出来ない。(雲の2)


でしょうね。


わざわざカード引かんでも・・・って
内容でした。

ごく一般的(?)な不倫中の方と
同じお悩みを抱えておられたようです。

相手と別れようとか、
離婚して彼とやっていこうとかいう
エネルギーは感じられません。

危ういながらも、
ただ関係を継続していくことを
望んでいたようです。

この辺にちょっと
「悲劇のヒロイン症候群」といいますか
「切ない恋に苦しむ私」に酔ってる感が
あります。







さあ、お待たせいたしました。
倉持弁護士の番です。

心臓弱い人は先に叩いといた方がいいよ。


山尾議員が浮かれている一方で
お相手は何を考えていたかというと・・・


20170919_3.jpg


別れた~い。


これだもの、あなた。

山尾さん気の毒。




ちょっと読み方が難しいとこなんですけどね。

カードの意味的に上段と下段の
落差があり過ぎて不自然です。

そういう時は下段のカードを
上段のカードの補助だと考えると
読みやすいです。


まず上段の雲の6、しんどそうじゃないですか。

上に乗っかって仕切り倒そうとしてる人が
山尾議員で下でヘロヘロになってるのが
倉持弁護士です。

その補助として下段の意味を取っていくと、
火のクイーンは「オカン」っぽさが裏目に出て
「うざい」「重い」「しつこい」「小うるさい」・・・
そんな感じでしょうか。

倉持さん、年齢的にもキャリア的にも
山尾さんに歯が立ちませんからね。


全体を通してキモとなるのが
この火のクイーンです。
後でまた出てきますのでちょっとだけ
覚えておいてください。




想像の域を出ませんが、最初は山尾さん、
弱ってたんですごく女らしくて
庇護欲求をそそったのかもしれません。

ただ、先ほどの山尾議員の状態を
思い出していただくと分かるとおり、
恋愛にはしゃいでめっちゃ元気になってる。

そうなると可愛らしさはなりを潜めて
元々の気の強さが目立ってきて、
アドバイスしたり指示を出したりしちゃう。
いわゆる地が出ちゃうってやつです。



で、もう一枚の大アルカナの8ですよ。

今回は写真週刊誌に撮られて
関係が崩壊しちゃったわけですが、
そうでなくても別れようと思ってたんだと思う。

「勇気」って名前のカードですが
難しいことを成し遂げようとしているときにも
出てくるので、放っておいても
倉持さんの方から話を切り出して
破局していたと思います。


まぁ、今回の一件がなければ
山尾議員は民進党の幹事長だったわけですから
「うまみがある」ということで
関係を続けるという選択肢もアリかな・・・と
思わんでもないですが、今となっては真相は
藪の中ですね。



倉持弁護士側の抱えていたお悩みはというと
こんな感じ。

20170919_4.jpg


・言いたいことがいえない。(水の10)
・愛情もない。(大アルカナ6)
・心中穏やかでない。(大アルカナ17)


でしょうね。(二回目)



あまりの温度差に目から
しょっぱいものが垂れてきます。


大アルカナ6のラバーズを
「距離感がおかしい」ととっても
いいかもしれません。

ここで思い出されるのは
先ほどキモだとお伝えした火のクイーンです。

この人ね。

2-fire_q_sharing



始めは恋人とか愛人だった関係が、
オカンと息子になっちゃったんでしょう。

いくらメリットがある関係性だとしても、
オカンと恋愛は出来ませんよ。

だから愛情が薄れていく・・・そういうことなんでしょう。




こんな二人がお互いを
どう思ってたかというと
これもまた興味深い結果が。


山尾議員 → 倉持弁護士

3-cloud_09_sorrow

悲劇のヒロイン大・満・喫・

こうなるともう、
相手が誰でもいいんじゃないか・・・。




一方、倉持弁護士 → 山尾議員。

5-rainbow05_theoutsider

「別れた~い」

ぶれないな、この人。



恋愛感情で始まった関係なんでしょうが、
時間とともに関係が成熟していくどころか
それぞれの好き勝手な方向に
向かってます。



それを裏付けるように
最終結果の位置にこんなん出てます。

1-major_07_awareness


いずれバレまっせ。



お後がよろしいようで。。。




*****



政界を揺るがす世紀の大恋愛・・・!
とかなるのかと思いましたが、
山尾さんは不倫を通じて
女を取り戻し自信を回復。

その一方で悲劇のヒロインになって
自分に酔いしれ、倉持さんは
関係を結んだ当初の目的が何か
分かりませんが、終始一貫「別れたい」でした。


なんともしょっぱいところに
着地したもんです。







*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
セッションメニュー
http://maa888.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

ご予約可能日
http://maa888.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

お申し込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/FJPWMiodtrAz5sPY/

よくあるご質問
http://maa888.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する